3大家具・インテリア店 無印良品 ニトリ IKEA

高級インテリアとの違い

現在、庶民的なインテリアのお店として人気があるのが、無印やニトリ、IKEAです。これらの家具やインテリア小物は、高級インテリアとは違い、本当にお値段も控えめで、購入しやすいのに、ファッション性が高く、満足できる商品ばかりなのです。 まず、無印はかなり多くの店舗があり、木目調や白やベージュといったモノトーン系を基調としており、シンプルで体に優しい商品を提供してくれます。ベットや収納棚などの家具のほか、コップや食器類、洋服や食品に至るまで、本当に品ぞろえも多く、少し見ただけで、買いたくなるようなものばかりです。店内では、スタッフが笑顔で迎えてくれて、本当に親身で丁寧な対応であり、安心して買い物ができます。 次に、ニトリは「お値段以上」と宣伝しているだけあって、価格が本当に安いのです。こたつやシングル組布団なども、お手頃であり、種類も豊富なので、ちょっとした小物を買うにもいいのです。一人暮らしを始める大学生にも、本当に一式を格安でそろえることができるので、ありがたい存在です。土曜や日曜ともなると、かなり混み合い、駐車場に入るのに待たなければいけないくらいの状態です。これは安さゆえのことでしょう。 最後にIKEAでは、北欧のファッショナブルなインテリアが多く、やはり購入しやすいお得な価格なので、人気のお店です。大都市の中心に店舗があるわけではないのですが、意外にも車なので気軽に行けるような距離にあるので、休日ともなると一日かけて買い物に行く人も多いのです。 これらの庶民的な3店にある商品と、高級インテリアとの違いは、やはりその材質や造りなどです。高級インテリアでは、一点ものしかないような特注品、オーダーメイドもあったりして、大量生産をしていないので、それだけお値段にも違いが出るのでしょう。注文してから一点一点作るような場合もあり、格安のインテリア家具とはまた違います。自然の木材とそのまま使用したりしている高級インテリアは、安く大量にできるような合板の商品とはまた異なるのです。

↑ PAGE TOP